みんなでプログラミングteaching site|学習ツール指導マニュアル|らくらく正確に図形をかいてみよう
みんなでプログラミング
0

Learning Tool Teaching Manual 学習ツール指導マニュアル

算数

学年
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

らくらく正確に図形をかいてみよう

概要

キャラクターを動かして図形を描きながら、正多角形の性質について学習します。
STAGE 5は、自由にキャラクターを動かして図形を描けるので、それまでの学習内容を活かして、キャラクターに意図した図形を描かせるプログラムを作ることができます。

ねらい

このコースでは、キャラクターに意図した通りの図形を書かせるためのプログラムを作ることで、正多角形のきまりや性質を確認させ、それを筋道立てて考えたり説明したりする力を身につけます。
また、考えたプログラムを使えば、今までかいたこともない正多角形がかけたり、人の手ではかくことが難しかった図形も、コンピュータを使えば簡単にかけたりすることに気づき、プログラムの良さや特徴に気づくことができます。

学習のポイント

プログラムで正多角形をかくことは、「前に進む(線をかく)」と「〇度向きを変える(回転する)」の繰り返しであり、それらを適切に組み合わせることで、正多角形がかけるという決まりを子どもたちに発見させましょう。

「キャラクターの向きを変える角度」と「かきたい角(内角)」の関係につまずく子どもには、子ども自身をキャラクターに見立てて、実際に体を動かすように導いてみましょう。どの向きにどれくらいの角度で回転すれば、かきたい角がかけるか、実感を伴って理解できるはずです。

ステージ内容と解答例
(基本)

直角(90度)に曲がる線をかく

(基本)

1辺が150の正方形をかく

(基本)

1辺が150の正三角形をかく

(発展)

1辺が150の正六角形をかく

(発展)

自由に図形をかく